ふぁっきんばりぼー
S/D1.1のAVAplayerが必死に食らいつくBlog
http://syuavava.blog25.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

大事件

※NBAに興味ない人は全然事件じゃないんです。



こちら




なんと2kシリーズとNBA LIVEが提携。

分かりますか、この衝撃。
正直なところNBAゲームにおいては2kがほとんどの面で勝っていますが、EAスポーツのゲームということで無視できる存在ではなかったわけです。
しかしこの統一化によって、NBAのゲームは完全に2kが掌握したと言えるでしょう。

2k11はマイケルジョーダンを全面に押し出して、NBAを知るものなら誰でも興奮するような内容となっていました。
しかしそれは「神」という存在を掲げた地点で、これ以上の進化は生半可なものではなかったわけです。


しかしそこに更なる進化の一因として、チャールズ・バークレイがほぼ初めてゲームに登場することが決定しました。


バークレイと言えばジョーダン時代に活躍した、歴代でもトップに推す声もあるほどの名パワーフォワードです。

自分の持ってるビデオの紹介文には「オバQのような顔」と書かれてましたが、闘志をガンガン表に出すプレースタイルやファンサービス旺盛な姿は今でもファンな方は多いと思います。
グレン・デイビスが近いのかもしれないんですが、そう表現してはバークレイに失礼なくらい差があります。

ただデイビスがリバウンドをとって、一人でオープンコートをドリブルし、そのままダンクをかますことができれば、彼も2世と言われるかもしれませんね。



とにかく最高傑作ともいえた2k11を超えるゲームになりそうな2k12。
期待のしすぎはよくないですが、期待されても仕方ないほど情報が出てくるわけです。

MADDENがマンネリ化している以上、全米のスポーツゲーム業界を席巻することは間違いないでしょうね。


そして今後ネットワークサービスを介して、ゲームは進化をすることが予想されるため、pc版のフォローの厚さも期待した所です。ホント良い世の中になりましたね。




テーマソングはマイケルジャクソンの「JAM」だそうですね。
たしかジョーダンとコラボしたPVが話題になったはずです。

ジョーダンのダンスはなかなかカワイイですよ。


 

more


と、記事のURL観れば一発なんですが、エイプリルネタなわけです。


バークレイの壁は厚い。


あと2kシリーズのテーマソングは公募で決めてるってのも特徴のひとつなので、そこにJAMが入ってくるハズはないわけです。



だ、騙されてなんかいませんよ、俺は。

スポンサーサイト

 
 
Comment

Comment Form


秘密にする

Trackback

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ふぁっきんばりぼー, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。