ふぁっきんばりぼー
S/D1.1のAVAplayerが必死に食らいつくBlog
http://syuavava.blog25.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

煽り耐性

俺って低いよなー。

一般人
煽られいらっとする→一服して落ち着く→よーし次いこ
俺タイプ
煽られいらっとする→一服して落ち着く→よーしこいつどう煽り返すべ


根本的に俺の頭が進化しきってないんじゃないか、って疑うことがあります。
突き詰めれば部活やめる原因となったのもこれのせいだし、基本煽るのは好きだけど煽られたらきれることがあるって言うのは最悪ですね。これでサディスティックな性格ならキャラになるんでしょうけど、俺はどちらかと言えばマゾなのが事態を悪化させてるね。
どうにかして20代のうちのケリケリにビンタされたいんだけど、それまでにWWEのスーパースターになれるんだろうか。



ケリケリがWWEのDIVAと分かる人は、WWEを観戦してる人だと思うのですが(友達になりたい)、プロレス好きを増やそうと大学では頑張ってます。それとなくプロレスの話題を出すんですが、9割空振りです。友達の彼女が全女の試合を「少しー」とか言い出したときは、いや全女の試合だけを少し見るなんてあり得んだろ、とか思いましたが、その子とウェイト部の子がWWEファン以外は知らないとのことでした。

んでプロレスって八百長だの危険技だの、ファンが結構団体間で騒いでいたり、ブックだったり抗争だったりで新参者にはとっつきにくい印象を持たれるのも事実かと思います。
いわばMMAやK-1と違って勝利至上主義ではなく、観客あっての格闘技なので、そこで受けの精神ととるか八百長ととるかの話なんだと思います。今では全部がガチで試合している人は少ないですが、この技を受けるって言うのがプロレスの楽しいところだと思います。



自分は割と格闘技好き(にわかレベル)なので、UFCとかストライクフォースとか観ますが、テイクダウンの数だったり有効打や寝技での支配時間での判定勝ちってのはあまり好きではありません。これは総合格闘技を批判してるわけではなく、試合中最も勝ちやすく負けにくい戦法をとるからで、当たり前のことだと思います。プロならば誰しも一発マトモに打撃が入れば、そのままゴングがなりますし、いかに相手の攻撃をさばき続けるかが焦点になるのは当然でしょう。読み合いや駆け引きを楽しむ見方もありますが、俺はそう言う玄人の目線では格闘技を見れません。

ではプロレスの魅力と言えば何かと言えば、試合に盛り上がりが必ずあることだと思います。
レスラーは最初から大技連発といった試合はあまりしません。グラウンドでの腕の取り合いや力比べなどで序盤を戦います。次第に打撃合戦や投げ技が入り、Jr.だったら場外へフランチャーを見舞ったりするでしょう。面白い試合でしたら観客のボルテージも上がります。声援の中相手の大技を耐え、自分のフィニッシャーで勝負をかける。メイン戦であれば毎回このような試合を楽しめると言うのがプロレスの強みです。


このような試合の構築を楽しむのもプロレスの楽しさですが、ある意味そのエンタメ色を強くしたのが、WWEです。
WWEにはストーリーが明確に存在し、試合自体もどう動くかが決められてるパターンが多く、そんなのできるのかよって言うフィニッシュや一発逆転のヒーローショウを見てるような試合が楽しめます。てかWWEはレスリングではない、とPG路線移行後は明言してますのでアレですが、とりあえずタフな殴り合いより華やかな勝負を観たいならWWEです。男性ならWWF期のほうがいいかもしれません。


そうではなく若干総合格闘技色があり、漢の我慢比べが観たいなら日本のプロレスです。今は親日が一番動画が上がってるかと思います。日本には禁止技の概念が薄いので大丈夫かよって技が結構あります。近年はこの傾向に歯止めがかかってますが、小橋ら四天王プロレスの時代は垂直落下式、投げっぱなし式は当たり前で、受け身もクソもない危険技の応酬でした。親日はアメリカンな考えを近年取り入れ、危険技の応酬は減りましたが、未だに垂直落下は分かりやすい説得力のある技になっています。Jr.の雪崩式も増えたので危なさで言えばそこまで遜色ないかもしれません。

ただ自分は日本のプロレスはお約束を知ってるほうが楽しめると思ってます。
プロレスには定型のムーブがありますので、それを前提として構えてた方が試合にのめりこむのかな、と。
鈴木みのるとかそれを壊すから面白いのであって、初見ではなかなか魅力が伝わりにくいかと。



んで番外でみちのく、マッスルのようなお笑い団体。プロレスはこういうものって前提を踏まえた笑がありますので、プロレスの楽しさが分かり出したら観ていただきたいです。
最近はDDT、ドラゴンゲート、大日本のようにメジャーよりも面白い試合をするインディも増えてきたので、せっかくですから動画などでも今の時代見れますのでハマっていただけたらと。ファンになりましたら会場に足を運び応援する、と正しいネットの使い方ができればと思ってます。




プロレスが敬遠されるのっていきなりこうやって長々と語り出すからでなかろうか。
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 

No title

ほんとこれだからしゅー( ・´ー・`)
しゅーはもっと落ち着くしゅー( ・´ー・`)
爆破うおおおおおおおおおおおおおおおおおお
護衛うおおおおおおおおおおおおおおおおおお
AVAうおおおおおおおおおおおおおおおおおお

頑張ってください

NAME:閼伽 | 2011.07.06(水) 11:03 | URL | [Edit]

 

No title

誰かと思ったらあかさんか

NAME:syu | 2011.07.08(金) 22:41 | URL | [Edit]

Comment Form


秘密にする

Trackback

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ふぁっきんばりぼー, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。